効果なし?口コミ・SNSで話題沸騰の育毛剤マイナチュレを辛口評価


マイナチュレ愛用者の中で、返金保証を利用される方は少数のようですが、頭皮に合わなかったりした場合を想定して、返金保証の内容ぐらいは覚えておきたいところです。


万が一のときに困らないように返金保証の詳しい内容と返金申請の手順をまとめておきます。





返金保証の期間が購入方法によって異なる


マイナチュレには返金保証がついてきますが、通常購入の場合と定期コースの場合で、返金保証内容が異なることを知っておかなければなりません。


マイナチュレは通常購入で14日間、定期コースの場合180日間の返金保証がつきます


通常購入の場合は14日以内、定期コースの場合は180日間の返金保証がついてきます。


期間の違いを考えると、通常購入の場合は使用感のチェック程度しかできませんが、定期コースの場合は実際に半年使ってみて合うかどうかをチェックすることができるようになっています。


定期コースのほうが手厚いサービスを受けられることになりそうですね。





共通の返金保証内容


通常購入も定期コースにも共通している返金保証の内容ですが、返金保証の適用は、各家庭1回限りとなり、送料はお客様負担、返金は商品代金のみとなっています。また、送料が含まれていた場合は、送料650円を差し引いた金額が返金される仕組みとなっています。


一度、返金保証を利用されると今後同じ商品を購入できなくなってしまいますので、その点は十分に注意してください。





返金保証が受けられる条件


お買上げ明細書と商品の容器・空箱の3つがないと返金保証できない


返金保証を適用させるには、明細書・商品の容器・商品の空箱、この3つを返送することが条件となります。


なので、定期コースで購入した場合は、1本ごとに明細書や容器、箱を取っておかなければなりません。


まだ返金保証を利用するかどうかわからない状態で始めるわけですが、万が一のことを考えれば、明細書・容器・箱は取っておくようにしたいですね。


3つのうちどれか一つでも欠けると、その分は返金してもらえませんので十分に注意してください。





返金保証の申請手続き


返金保証の申請手続きは電話でしか受け付けていません。メールやウェブからの申請は受け付けていない、とのことです。


返金保証窓口「03-6380-2595」に電話をして、「返金保証を利用したい」という旨を伝えます。


解約理由などは素直におっしゃってください。「効果を実感できなかった」「頭皮に合わなかった」などなど。


手続きが完了すると、返送先を指定されます。


返送先は以下です↓(2017年現在)


〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-30-4 30山京ビル6F
潟激bドビジョン「マイナチュレ返金保証窓口」宛


「明細書・商品の容器・商品の空箱」を返送先に送りますが、配達記録を残さなければなりませんので、郵便局なら定形外郵便などではなくゆうパックで、宅配業者を利用する場合はいわゆる普通の宅配便で送ります。


返送の確認がとれると「返金申請書」が送られてきますので、そこに口座など必要事項を記入して、返送します。返金申請書が届いて2〜3週間すると指定口座へ返金されます。


返金保証窓口は平日9:00〜20:00が営業時間となっていますので、営業時間にかけましょう。


ただし、平日9〜12時、17〜18時間の時間帯は回線が混みやすいそうなので、できればその時間帯は避けたほうがいいかもしれません。


電話だと面倒、億劫になる方もいると思いますので、今後、ネットでも返金保証ができるようになるといいですよね。