効果なし?口コミ・SNSで話題沸騰の育毛剤マイナチュレを辛口評価


マイナチュレは、愛用者からの口コミ評価がすごく高いと思います。私も評価している一人ですが、中には「効果がなかった」「全く効かなかった」「頭皮に合わなかった」という方もいるかもしれません。


そういった方のために対策法をまとめておきました!





効果がなかったのはヘアサイクルのせいかも?


効果を実感できなかった方は、まずは「ヘアサイクル」について知っておくと良いかもしれません。私たちの髪の毛はヘアサイクル(毛周期)によって毛髪の成長が促されたり、髪の毛が抜けたりします。


ヘアサイクル(毛周期)は成長期→退行期→休止期を経て髪の毛の成長や抜け毛を繰り返す


ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期があり、効果を実感できなかった方は退行期に使い始めたせいで、抜け毛が減るどころか増えてしまった可能性があります。


退行期は2〜3週間ほどあると言われていますので、この期間はどうしても抜け毛が増える傾向にあるそうです。


なので、使い始めが退行期だった場合は、抜け毛を増やした原因をマイナチュレだと特定するのはまだ早いかもしれないです。


退行期のあとは休止期があり、その後、成長期にうつっていきますので、最低でも半年ぐらいは様子を見たいところです。





使用量を守りましょう


気持ち多めに使ってあげるのがおすすめ


効果を実感できないのは、使用量に問題がある可能性も。使う量が少なければ、本来発揮するはずだった力も発揮されません。気持ち、多めに使うほうがいいですが、それでも使いすぎると逆効果になることもあるので、適度に使ってあげないといけないのが少し難しいところです。


こればかりは塗布する範囲によって異なるので、一概に使用量の目安は明言できませんが、常識の範囲内で使うことを心がけましょう。





頭皮に合わない場合はドライヤーでドライを


「マイナチュレを使ってから頭皮にかゆみを感じるようになった」という口コミを見かけることがたまにあります。


かゆみの原因は頭皮のダメージや乾燥が多いと言われていますが、皮脂の過剰な分泌も原因の一つだと言われています。


育毛剤をつけたまま放っておくと毛穴が詰まってしまい、これが皮脂の過剰分泌を促してしまうことがあります。


なので、頭皮にかゆみを感じてしまった方は、マイナチュレを頭皮になじませたのち、マッサージを入念に行い、その後、ドライヤーを使ってドライしてあげるといいです。


ドライヤーは弱風の熱風が理想的


ドライすることでムレ予防や、ベタつきの緩和にもつながります。


ドライヤーで乾かすことでムレ防止やベタつき予防になると公式サイトも使用を推奨


公式サイトも、ドライヤーの使用を推奨しています。ただし、熱風を長時間当てると頭皮は乾燥して、これがまたかゆみを加速させる原因となってきますので、弱風の熱風で素早くドライしてあげるようにしましょう。





半年使ってみてダメだったら買い替えを検討


万人受けする育毛剤なんて私はないと思っています。マイナチュレが口コミで高評価なのは相性が合わない方が少ないからですが、それでも合わない人が全くいないわけではないです。私はたまたまマイナチュレとの相性が良かっただけなのでしょう。


半年使ってみてダメだったら、潔く買い替えましょう。育毛剤はこの世に数え切れないほどあります。その中に必ずあなたに合うものが出てくるはずです。


頭皮が敏感な方は、なるべく化学成分を使用していないものを選ぶといいでしょうし、頭皮が乾燥しやすい方は、保湿成分が多めに配合されているもの、抜け毛がひどい場合は、脱毛予防効果のある有効成分を配合したものを選んであげる、など、条件を絞って探していくといいです。


育毛剤は大きく分けると男性用・女性用とあり、男性用のものは抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制できるものから、血行促進タイプ、皮脂分泌抑制タイプが主で、女性用は血行促進タイプ、皮脂分泌抑制タイプ、頭皮保湿タイプ、栄養補給タイプのうちから選ぶことになると思います。


マイナチュレは通常購入で14日、定期コースで180日間の返金保証がついてくる


ちなみに、マイナチュレには返金保証がついているので、返金保証がないものより安心して使い始められますよ!